2016/04/07

スプレッドシートで四則演算の数式を試してみよう!


以前の記事で、
http://spreadsheetapp.blogspot.jp/2016/04/blog-post_6.html

スプレッドシートのセル同士の掛け算や、セルの数字と指定した数値の掛け算をしました。
いきなり掛け算の操作を行ったので、掛け算以外の計算も解説しておこうと思います。
では、スプレッドシートを開きましょう。

スプレッドシートの数式をたくさん試してみよう!

数式の計算結果をわかりやすくするために、
以下のようにデータを入力してみてください。


このように、入力してみました。

掛け算の計算は、
=(セル) * (セル)
計算結果を表示したいセルを指定して、=(イコール)を入力し、
掛けあわせたいセルとセルの間に、*(アスタリスク)を入力しました。

この、「*」のことを演算子といい、計算の仕方をこの演算子が指定します。

計算をする演算子には、例えば以下のものがあります。
+ (プラス):足し算
- (マイナス):引き算
* (アスタリスク):掛け算
/ (スラッシュ):割り算



四則演算してみよう!

掛け算のやり方と同様に、
セルとセルを指定して、四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)をしてみましょう。
以下のように、入力してみてください。
D2セル:「=A2+B2
D3セル:「=A3-B3
D4セル:「=A4*B4
D5セル:「=A5/B5

なんということでしょう!

それぞれのセルに指定した計算の結果が表示されます。

数式では、2つのセルだけで計算だけではなく、3つ以上のセルを複数の演算子を使って計算させることができます。

計算の順番はどうなるんだろう?演算子の優先順位

足し算、引き算、掛け算、割り算の計算が行われる優先順位は、以下のようになります。

1.掛け算と割り算
2.足し算と引き算

では、最初に足し算や引き算をしてから、その値に掛け算や割り算を使いたい時にはどうしたらよいでしょう?

そう!「()」カッコで、先に計算したい箇所を囲うことで、
掛け算や割り算よりも先に、足し算や引き算を行うことができるようになります。

試してみましょう。
以下のように、データを入力してみてください。

A7セルから、E11セルまでに、このように入力してみました。

では、カッコをつけないで、複数のセルで計算をしてみましょう。
E8セルに、「=A8+B8*C8
E9セルに、「=A9-B9*C9
と、入力してみましょう。

すると、
E8セルには、1 + 6(2かける3を先に計算) の、7が、
E9セルには、1 - 6(2かける3を先に計算) の、-5が、
それぞれ表示されます。


次に、カッコをつけて複数のセルで計算をしてみましょう。
E10セルに、「=(A10+B10)*C10
E11セルに、「=(A11-B11)*C11
と、入力してみましょう。

すると、
E10セルには、3(1 + 2 を先に計算)かける3の、9が、
E11セルには、3(1 - 2 を先に計算)かける3の、-3が、
それぞれ表示されます。


複数のセルを使って計算をしたい時は、
()カッコを使って計算を行うことで、数式を確認する時に見やすくなったり、
優先順位を間違えずに設定できるので、ぜひ覚えておきましょう!