2016/04/11

スプレッドシートの便利機能!いろんな計算を一瞬で行う・一瞬でグラフを表示する!


これまで、数式の使い方や入力の仕方を学んできましたが、
今回は、あまり知られていない便利機能について解説します。

指定した範囲のデータの合計や、個数、最大値、最小値、などをいちいち計算式や関数を入力して求めるのが面倒くさいということがあると思います。

前回の記事を参考に、こんな感じのデータを用意してみてください。

それぞれの列には、同じ形式のデータ(文字、とか、数値とか)が入力されています。
ここで、D列(合計と書かれた列)に入力されている数値の合計とか、平均などを求めたい場合は、合計したい範囲をドラッグすると一瞬で計算結果が表示されるのです。

いろんな計算を一瞬でやってみよう!


D列で、合計を求めたい範囲をドラッグします。

すると、画面右下の部分に、「合計:____」と表示されている箇所が見えます。
「合計」ではなく、
「平均」や、「個数」などが表示されている場合もあります。

この、「合計」と表示されている箇所をクリックすると、
このように、選択した範囲で計算できる値が表示されます。
例えば、「平均」をクリックすると、

選択したセルの範囲の平均を表示させるように、設定を変更できます。

このようにして、計算したい範囲を選択するだけで、
簡単に、合計や平均、データの個数といった集計を簡単に行うことができますので、
ぜひこの機能を活用してみてください!

グラフを一瞬で作ってみよう!

記事の冒頭で用意したデータがこんな感じで、あります。

この表の中のセル(例えばC2セルとか)をクリックしてみます。

すると、画面の右下に、「データ検索」と書かれたボタンが表示されます。

「データ検索」ボタンをクリックすると、選択した範囲のデータを用いて作成できる、
Googleさんがオススメのグラフの種類が表示されますので、
一番、「これぞ!?」と思うものを選んでみましょう。

たくさんの中から選択して、「グラフを挿入する」ボタンをクリックすると、

なんということでしょう!

シートの中にグラフが挿入されました。

グラフの配置や、グラフ全体の大きさは、
表をドラッグアンドドロップすることで、変更できます。

いかがでしたか?
スプレッドシートのデータの範囲を簡単に集計したり、
グラフを簡単に作成することができました。

このように、とても簡単な操作でデータの活用がどんどんできるようになりますので、
スプレッドシートを楽しく学んで、職場や学校などでもグイグイ使っていけるように、
これからも記事をお読みいただけたらと思います。