2018/10/11

Google サービス(G Suite)を使うと何がいいの?共同編集ツールの魅力


G Suiteのメリット

G Suite を使うことのメリット


G Suite とは

G Suite は Google が提供している法人や教育機関などの組織で使用するのに最適化されたクラウドのサービスです。

G Suite にはたくさんのソフトが含まれています。
Gmail、Google カレンダー、Google ドライブ、スプレッドシート、Google スライド、などなど、たくさんのそふtドキュメントなど、組織でのコラボレーションに必要な機能をパッケージしたサービスで、様々なパソコンやスマートフォン、タブレットなどからシームレスに利用することができ、個人やチームの生産性を飛躍的に高めます。


いつでもほかの人に見せられる!

私はかつて大学受験の塾を運営していたことがあります。
その時の教え子で、今は優秀な大学生がふらっと私のところに訪ねてきてくれました。

大学の文化祭が近づいてきていて、文化祭でチュロスの屋台を出すので、そのために一緒に屋台を出すメンバーと情報共有したり、売上管理をするための資料を分かりやすく作りたい!と、相談に来てくれました。

近所で予定があって、たまたまその予定が早く終わった彼は、普段持ち歩いているノートパソコンをその日に限って持っていなかったのです。
スプレッドシートが便利だよ!ということや使い方を何度か指導していたのですが、
なんと!?自宅に置いてきたノートパソコンのExcel で資料を作成していて、まさかその日私と会うことになるとは思っていなかった、会ったらすぐに相談に乗ってもらえるとは思っていなかった、というのです。

もし、最初からGoogle スプレッドシートで資料を作成していたら、
私のブラウザからシークレットモードでログインしてファイルへのアクセスを行う、ということができたし、なんならスマホから共有権限だけ付与して、私のアカウントからそのファイルを編集することもできたでしょう。

チャンスもピンチも突然やってくるものです。
突然起こった出来事に対して、その瞬間に情報を共有できること、というのはこれから活躍するうえでとても重要なことです。


最初からみんなに共有するという意識が大事

いろんなチャンスやピンチが思いがけずに起こるものですが、この時の相談をよくよく聞いてみると、「みんなで文化祭の屋台を楽しく成功させたい」というのが、彼の真のかなえたいことだったのです。

自分のパソコンで、Excel で資料を作成するということは、途中の考察は一人で責任を持ち、最終的な決定事項をみんなに伝える、というコミュニケーションになりがちです。

みんなで楽しくイベントをやりきる!というのは、ひとりが考えた最も合理的、効率的なやり方に従ってもらうのではなくて、みんなの合意を形成しながら、途中の意思決定にみんなで納得しながら進めていくことだと思っています。

イベントの成功を実現するための、ひとりの影響力なんて大したものではありません。
どれだけ素晴らしい計画を立てられたとしても、それを実行してくれる仲間がいなければ、その仲間が納得して前向きに協力してくれなければ成功することは難しいです。

文化祭当日の役割分担、笑顔で接客をする、などができなければ、どれだけ戦略性のあるプランでも失敗してしまうのです。
共同編集ツールを最初から使い、みんなと協力し合ってプロジェクトを進めていく、という意識を目覚めさせてくれる、という意味でG Suite、スプレッドシートはとても役に立つツールなのです。

文化祭の屋台の売上管理をスプレッドシートでやる!

今回相談に来てくれたチュロス屋台をやりたい学生や、ほかの大学でチマキの屋台を出した学生さんは、こちらの動画で、資料の作り方をマスターしました。


スプレッドシートを使って売上管理や、文化祭イベントを楽しく管理したい!という人はぜひ参考にしてみてください!

作りたい資料や、大学生活での情報共有など困ったことがあれば、ぜひお問い合わせページから相談してみてください。