2017/08/31

チャット機能を使ってリアルタイムの共同編集を便利に!


スプレッドシートは共同編集ができるツールです。
同時に複数人でアクセスしてデータを編集している時、コメントをしながら編集することができます。
操作をしているスプレッドシート上でコミュニケーションできますので、作業を効率的に進められますね。


それでは、早速解説していきます。
「チャット」ボタンをクリックすることで、リアルタイムにスプレッドシート内でチャットを行うことができます。
このように同時にスプレッドシートを編集するとき、チャットで編集内容の明確な指示ができるととても便利ですね。


続いて、作業をしているスプレッドシートの中で、やり取りを完結させたり残したりする、という観点でとても便利なコメント機能について解説します。

コメントを記載したいセルをクリック。
「コメント」ボタンをクリック。
「コメント」をクリック。
コメントを入力して「コメント」ボタンをクリック。
コメントが記録されました。

コメントが記録されたセルの右上部分には、このように色がつきますので、コメントが記録されていることがわかりますね。
また「コメント」ボタンをクリックすることで、記録されたコメントを表示することができます。
コメントはスプレッドシートのセルに対して記載することができますので、このセルをこのように編集してください、とか、このセルをこのように編集しました、などの記録をコメントで残しておき、そのコメントに対する返信を行うことで、セルに対してコメントのやりとりを記録することができます。

さらに、コメントに対して「解決」ボタンをクリックすると、コメントに対する処理が解決したことを示し、コメントが見えなくなります。

解決されて非表示になったコメントは、「コメント」ボタンをクリックすることで過去のものを見たり、再表示してコメントを再開することができるようになります。

続いて、端にメモを残しておきたい時に使用する、メモ機能を解説します。
「ここのセルの数式でエラーが出ているので要修正!」などのメモを書いておけます。
メモは作業が終わって不要になったら削除することができます。

それではメモを追加していきましょう。
メモを作成したいセルをクリックします。
「挿入」をクリック。
「メモ」をクリック。
メモを記載します。
メモを削除する時は、メモを設定したセルを右クリックし、「メモを消去」をクリックします。

解説は以上です。