2017/08/23

スプレッドシートの四則演算!〜隣のセルとのかけ算〜


スプレッドシートの活用力を高めるため関数の使い方に慣れましょう。


これまでに行ったデータの入力や書式の設定についても振り返りながら代表的な関数の使い方を覚えていきます。
まずは隣のセルとの掛け算を行っていきましょう。
ここでは前回までで使用していたスムージーの屋台の売上の管理の請求書を作成します。
「+」ボタン「シートを追加」をクリック。
新しくできたシートのシート名をダブルクリックし、シート名を「請求書」に変更しましょう 。H1 から H7セルまでを次のように入力してください。
動画ではあらかじめ用意した文字をペーストしていますが、皆さんは動画と同じように入力してくださいね。

続いて「スムージー」シートの商品に関連する調達品を入力しましょう。
ここまでで、商品ごとの単価と調達する数量が入力されました。
商品ごとの調達の合計金額は、単価と数量を掛け算すると求められますので、
金額が記載されている列では掛け算をしていきます。
F8セルに半角で
=D8*E8
を入力し 「Enter」 キーで入力を確定します。
F8セルに計算結果が表示されました。
このようにスプレッドシートでは掛け算を「*」を使って行いますが、
足し算では「+」
引き算では「-」
割り算では「/」
を使用することを覚えておきましょう。

さて F8セル、キウイの購入金額の総額が求められましたので、
下に続くセルにも同様の計算式を入力していきます。
数式を入力したセルをクリック。
F8セルの右下の隅にマウスを合わせ
カーソルを「+」の状態にします。
F17セルの位置までドラッグ&ドロップすると
F17セルまでの各セルに数式が自動的に入力されました。

解説は以上です。