2017/08/26

スプレッドシートの四則演算〜別のセルの値をそのまま表示する「=」演算子、足し算〜


スプレッドシートの活用力を高めるため、関数の使い方に慣れましょう。


まずは、別のセルの値をそのまま表示します。
割引後金額の列に、同じ行の金額のセルの値を表示させ、
すべての商品の合計金額を求めていきます。
H8セルに半角で
=F8
を入力し 「Enter」 キーで入力を確定。
H8セルに指定したセルと同じ値が表示されました。
下に続くセルにも同様の計算式を入力しましょう。
数式を入力したH8セルをクリック、
H8セルの右下の隅にマウスを合わせ、カーソルを「+」の状態にし
H17セルの位置までドラッグ&ドロップすると
H17セルまでの各セルに数式が自動で入力されます。

続いて全ての商品の合計金額を、関数SUMを使って計算してみましょう。
G18セルに小計と入力。
H18セルに半角で
=SUM(H8:H17)
を入力して「Enter」キーを押して入力を確定します。
または
H18セルをダブルクリック
=SUM()
とし、H8をクリックして
ShiftとControl
Macの場合はCommandを押しながら下を押すことで
入力が連続しているセルの端までを選択できますので
「Enter」キーを押して入力を確定します。
どちらの方法でも使いやすい方法を入力してください。
ここまでで全ての商品の合計金額が計算できました。

次に、消費税額を求め支払総額を計算しましょう。
G19セルに「消費税(8%)」と入力。
H19セルに半角で
=H18*0.08
と入力し 「Enter」 キーを押して入力を確定します。
H19セルに計算結果が表示されました。
全ての商品の合計金額である小計と、消費税を合わせることで、総額を求めることができます。
これまで、指定したセルの数値を合計するのに関数SUMを使ってきましたが、
ここでは足し算の記号を使う方法を試してみましょう。
G20セルに「税込総額」と入力。
H20セルに半角で
=H18+ H19
を入力して「Enter」キーを押して入力を確定します。
H20セルに計算結果が表示されました。

解説は以上です。