2017/08/17

スプレッドシートへのデータ入力


ここではシートの中身を編集する方法を解説していきます。


それでは早速シートへのデータ入力を行っていきましょう。
ここからの入力についてはテーマに沿って進んでいきましょう。

あなたは初めてスプレッドシートを操作する、あるいはスプレッドシートにあまり慣れていない大学生だとします。

サークルやゼミ活動で文化祭に屋台を出店することになりました。
あなたが出す屋台ではフルーツや野菜のスムージーを販売します。
その屋台の売上管理や材料の仕入、請求などをスプレッドシートを使って効率的に行っていきましょう。
まずはシートを追加しましょう。
「+」ボタンをクリック>シート名をダブルクリック>「スムージー」と入力します。
A1セルに「スムージー売上管理表」と入力して「Enter」キーを押し、入力を確定させましょう。
すでに入力されているセルの内容を修正したい時は、修正したいセルをクリックして「Enter」キーを押すか、ダブルクリックするなどで編集モードに切り替えられます。
また、セルの中で複数行にまたがり改行したい時は Windows ではAlt +「Enter」キー、MacではCommand + 「Enter」 キーで改行を挿入することができます。
A1セルの内容がセルの枠から飛び出していますので、列の幅を広げて見やすくしましょう。
A列の右端をダブルクリック>A列に入力された最も長い幅の文字に合わせて列の幅が自動で伸縮します。
列の幅は別の右側をドラッグ&ドロップすることでも調整することができます。
同じように、行の高さを行の下をダブルクリックまたはドラッグ&ドロップして調整することができます。
A5セルからE5セルまで次のように入力してください。
動画ではあらかじめ用意した文字をペーストしていますが、皆さんは動画と同じように入力してみてくださいね。
A6からA10セルまで次のように入力してください。
最後にそれぞれの日、商品名に対応する売上数を次のように入力してください。
ここまででスプレッドシートに文字や数字を入力する方法を学びました。
次からは入力された数字を利用して合計の値を求める方法、関数という便利な機能について簡単に学んでいきます。

解説は以上です 。