2017/08/20

スプレッドシートを見やすくしよう!〜文字の大きさやフォントなどの設定〜


入力内容を見やすくするための書式設定について解説します。


まずは文字のフォントの種類の設定を行いましょう。
セルに入力された文字のフォントの種類を変更することができます。
たくさんの種類がありますので見やすいフォント使いたい本当に変更をしましょう 。
A 1セルをクリックフォント標準では Arial と書かれている箇所をクリックします。
好きなフォント名をクリック、フォントが変更されました。
文字のフォントの種類の一部に斜字が設定できないもの、日本語に対応してないものがあるので注意しましょう。

次に文字の大きさの設定をしていきましょう。
セルに入力された文字の大きさを変更することができます。
 H1セルをクリック文字の大きさ、標準では10と書かれている箇所をクリック、好きな文字の大きさに変更しましょう。
大きさが変更されました。

続いて斜体の設定を行います。
セルに入力された文字を斜体に設定することで文字の内容を強調することができます。
 H1セルをクリック、斜体をクリック、指定した範囲が斜体になりました。
斜体に指定した範囲を選択し、もう一度斜体ボタンをクリックすると、斜体の設定が解除されます。

続いて取り消し線の設定を行います。
取り消し線とは書かれている文字の真ん中に線を引いて文字を訂正していることを表現する書式です。
スプレッドシートではデータが更新されたら最新のデータを表示しますが、最新のデータのみを表示するのではなく過去に誤って記載したことある言わ修正があったという記録を残したい場合に取り消し線を設定します 。
A1セルをクリック取り消し線をクリックすると指定した範囲に取り消し線が設定されます。
取り消し線を設定した範囲を選択し、もう一度取り消し線ボタンをクリックすると取り消し線の設定が解除されます。
また、セルの内容をDeleteボタンなどで削除した場合には取り消し線の書式も解除されるので注意してください。

最後に文字の色の設定を行いましょう。
 A1セルをクリックして選択テキストの色をクリック好きな色をクリックすると指定した範囲のセルの文字の色を変えることができます。
セルの文字の色を指定した範囲を選択しセルのテキストの色をリセットするとセルの文字の色が標準の黒色に設定されます。
解説は以上です。