2017/08/29

初めてのピボットテーブル〜ピボットテーブルの使い方を解説〜


ピボットテーブルとは、行と列2つの方向からの条件と同じデータを集計する機能で、
データを分析するためにとても便利なものです。
それでは学んでいきましょう。
動画で使用しているサンプルデータはこちら↓
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1faFdd2_sQedmUzg09qyyITDv6L6Oc4nHPS8CQDMC9Pw/edit#gid=793623305


ピボットテーブルの機能を用いることで、
データを集計することが簡単にでき、
データをたくさんの観点から分析できるようになります。

では、これまでに作成したスムージー売上管理表のデータを利用して、
ピボットテーブルを作成していきましょう。
ピボットテーブルを作成する範囲を選択します。

 A3セルからG1000セルまでを選択。
「データ」をクリック。
「ピボットテーブル」をクリック。
ピボットテーブルの編集ができる新しいシートが自動的に作成されました。
何もデータが入ってないところまでピボットテーブルの
データの範囲に含めましたが、
これはスムージー売上管理表に、新しいデータが追加されたときに
自動的にピボットテーブルの値が更新されるようにするためです。

「範囲を編集」をクリックするとピボットテーブルを作成するための、
元データの範囲を編集することができます。
レポートエディタの「行フィールドを追加」をクリックします。
商品名をクリック。
ピボットテーブルの左側の行の場所に、商品名が表示されました。
予め何もデータが入ってないところもピボットテーブルの
データの範囲に含めたため、行の先頭には空白が表示されています。

次にレポートエディタの「列フィールドを追加」をクリックし「日付」をクリック。
ピボットテーブルの、上側の列に日付が表示されました。

続いてレポートエディタの「値フィールドを追加」をクリック。
「売上合計」をクリック。
ピボットテーブルの内側に集計された数値が表示されました。
先頭に空白のセルが表示されていますので、データの集計範囲を、
ピボットテーブルのフィルタ機能を使用して非表示にしていきましょう。
レポートエディタの「フィルタ」「フィールドを追加」をクリック。
「日付」をクリック。
「表示全てのアイテム」をクリック。
「空白」をクリックしてチェックを外し、
「OK」 をクリックします。
集計行、列から空白がなくなりました。

今回使用したレポートエディタについて解説します。
行フィールドとは、ピボットテーブルの左側の行の部分に表示される場所です。
列フィールドとは、ピボットテーブルの上端の列の部分に表示される場所です。
値とは、集計したい項目の集計方法です。
フィルタとは、ピボットテーブルで集計するためのデータを、
 指定した項目を特定の条件のデータだけで集計する機能です。

解説は以上です。